CORUM
GOLDEN BRIDGE MISS UNIQUE PIECE
B113/04214
Limited to 1

「腕時計を外観だけで選ぶことへのアンチテーゼ」として、ムーブメント自体を“魅せる”デザインへと昇華させた「ゴールデンブリッジ」は、独立時計師協会の初代会長を務めた天才時計師ヴィンセント・カラブレーゼ氏により、1977年に考案されました。今では、<コルム>を象徴するコレクションの1つとなっています。今回は、この独創的なコレクションから世界限定1本のレディースモデルをご紹介致します。

ゴールデンブリッジの最大の特徴である橋を架けた様にみえる画期的なバゲット型ムーブメント「Cal.CO113」。従来ムーブメントは輪列のレイアウト的に丸形が主流ですが、このムーブメントは動力ゼンマイから歯車、バランスホイールに至るまでの輪列(動力の伝達ルート)を一直線のブリッジにすべて集約させています。その為、手巻き汎用ムーブメントの約2倍のパーツ数を要し、一つ一つのパーツが細かくなり、製作と組立に熟練の技が必要となります。年産数はゴールデンブリッジコレクション全体で約150本と希少。その中でも特にこのモデルは世界限定1本というユニークピースとなります。

 

18KWG製のケース全体とムーブメントに手作業で精巧にエングレービングされたボタニカル柄は、コルムの創業地ラ・ショー・ド・フォンで発達したアールヌーボーの一様式「スティル・サパン」( モミの木様式、モミの木の枝や球果をモチーフとしたスタイル)を踏襲したもの。1980年に発表された初代モデルからゴールデンブリッジのキャリバーにエングレービングされた模様を現在でも継承しています。ケースにセッティングされたダイヤモンドと共に、手元でジュエリーのように華々しく輝きます。

 

発表された当初はリューズが裏蓋側に配置されており、防水面で不安がある構造でしたが、2005年にデザインからムーブメントまでリニューアルし、リューズを6時位置に配置することで防水性を改良。日常生活防水(3気圧防水)が確保されています。

 

表裏だけでなく、ケースサイドまでサファイアクリスタルを採用し、独創的なムーブメントの輪列の動きをどの角度からもご堪能いただける仕様となっております。余談ですが、今でこそ両面スケルトンの時計が数多く存在していますが、ゴールデンブリッジが生まれた1980年代にはそのような時計はほとんどありませんでした。当時から両面スケルトン仕様であったゴールデンブリッジの意匠が如何に稀有な存在であったかを想像しながらご覧いただくと、また違った角度からお楽しみいただけるかもしれません。

 

2022年68()614()まで、日本橋三越本店 本館6階 ウォッチギャラリー / シェルマンでは、【<コルム>ゴールデンブリッジフェア】を開催中です。

レディースモデルとしては、数少ない本格的な機械式時計であり、斬新な意匠をもつ唯一無二のタイムピースを、ぜひこの機会にお手にとってご覧ください。

 

CORUM
GOLDEN BRIDGE MISS UNIQUE PIECE
B113/04214
Limited to 1

手巻き(Cal.CO113)、ケース:18KWG、サイズ:縦43.0㎜×横21.0㎜、厚み:11.19㎜、3気圧防水、パワーリザーブ:約40時間、世界限定1
価格:6,380,000(税込)

 

日本橋三越店 園田

 

シェルマンオフィシャルサイト

1971年にアンティークショップとして創業したシェルマンは、パテック・フィリップをはじめとしたアンティークウォッチの名品の数々や美術工芸品ともいえるアンティークジュエリーを中心に展開してまいりました。
そして現在は、大手メゾンに属さず時計づくりに励む独立時計師のユニークな作品、独自の信念やこだわりを持って製作される現行ブランドの時計、複雑機構を搭載したクォーツ式のオリジナルウォッチの開発・製作など、アンティークの枠を越え、時代や流行を越えて受け継がれる名品をコンセプトに、幅広いジャンルの作品を取り扱っています