<ノモス グラスヒュッテ>

アウトバーン

REF. AB161011SG2

 

無駄の無いシンプルなデザインの<ノモス グラスヒュッテ>のモデルの中で、プロダクトデザイナーとコラボレーションしたモデルがあります。

MOMAやパリの国立現代美術館等に作品が置かれているヴェルナー・アイスリンガーと4年の歳月かけ生まれたアウトバーンです。

今回はこちらのモデルを紹介いたします。

 

アウトバーンといえば、ドイツの制限速度無しの高速道路です。その名の通り車のスピードメーターと針を彷彿させるスポーティーなデザインです。文字盤の8時の位置から4時の位置まである8個のブロックが印象的です。

 

8個のブロックにはスーパールミノバが塗布してあり、暗い中でも時間を確認することが出来ます。画像ではブラックライトを当てているためオレンジの部分も光っていますが、まさにスピードメーターですね。

 

その他にも文字盤やスモールセコンドの淵は緩やかな曲面に仕上げられ、まるでサーキットのバンクの様です。デザインへの拘りが伺えます。

 

シースルーバックからは自社製自動巻きムーブメントを堪能することが出来き、デザインだけではなく本来の機械式時計としての楽しみも忘れていません。

12月8日から始まる<ノモス グラスヒュッテ>カスタムオーダーフェアでストラップも選ぶことが出来ますので、是非、ご来店いただきお手に取ってご覧ください。

 

NOMOS GLASHUETTE(ノモス グラスヒュッテ)

Autobahn(アウトバーン)

REF. AB161011SG2

自動巻き、SS、防水性:10気圧 ケースサイズ:40.5 mm

デイト表示、パワーリザーブ:約43時間

価格 ¥610,500(税込)

 

日本橋三越店 数藤

シェルマンオフィシャルサイト

1971年にアンティークショップとして創業したシェルマンは、パテック・フィリップをはじめとしたアンティークウォッチの名品の数々や美術工芸品ともいえるアンティークジュエリーを中心に展開してまいりました。
そして現在は、大手メゾンに属さず時計づくりに励む独立時計師のユニークな作品、独自の信念やこだわりを持って製作される現行ブランドの時計、複雑機構を搭載したクォーツ式のオリジナルウォッチの開発・製作など、アンティークの枠を越え、時代や流行を越えて受け継がれる名品をコンセプトに、幅広いジャンルの作品を取り扱っています