JUNGHANS (ユンハンス)

MAX Bill by JUNGHANS CHRONOSCOPE

Ref. 027 4800 00

<ユンハンス>からバウハウス最後の巨匠と呼ばれるマックス・ビルのクロノスコープをご紹介させていただきます。

ドーム型のクラシカルな風防に合わせて膨らんだ文字盤や、先の曲がった分針はデザイン性と視認性の確保に長けています。

シンプルながら特徴的なデザインは、使いやすさ、機能が考慮されており、まさにバウハウスの理念が盛り込まれたモデルになります。

カレンダーの数字までしっかりとマックス・ビルのデザインとなっており、細かい部分にも拘りを感じることができます。

マックス・ビルのモデルが発売した1962年、日本は高度経済成長期(195573年)の真っ只中で、前年にはカラー放送が開始されました。(坂本九さんの楽曲「上を向いて歩こう」がヒットしたのもこの年です。)

私にとって60年代は昭和レトロな情景が思い浮かぶため、現代にも溶けこむベゼルレスのケースデザインに驚きを隠せませんでした。

移り行く時代の中で、変わることのないこの時計に、皆様が持つイメージはどのようなものでしょうか。

今年生誕60周年を迎える同シリーズを、ぜひ店頭でご覧くださいませ。

 

JUNGHANS (ユンハンス)

MAX Bill by JUNGHANS CHRONOSCOPE

Ref. 027 4800 00

自動巻き、SS、ケース径:40.0mm3気圧防水、

価格(税込):297,000

 

銀座三越店 上野

シェルマンオフィシャルサイト

1971年にアンティークショップとして創業したシェルマンは、パテック・フィリップをはじめとしたアンティークウォッチの名品の数々や美術工芸品ともいえるアンティークジュエリーを中心に展開してまいりました。
そして現在は、大手メゾンに属さず時計づくりに励む独立時計師のユニークな作品、独自の信念やこだわりを持って製作される現行ブランドの時計、複雑機構を搭載したクォーツ式のオリジナルウォッチの開発・製作など、アンティークの枠を越え、時代や流行を越えて受け継がれる名品をコンセプトに、幅広いジャンルの作品を取り扱っています