KUDOKE(クドケ) KUDOKE

 

独立時計師であり彫金師でもあるステファン・クドケ氏のブランド〈KUDOKE〉初の自社製ムーヴメントを搭載した〈KUDOKE1〉のご紹介です。

一見、シンプルなドレスウォッチに見えるKUDOKE1。

しかし1パーツ毎に見ていくとそこには時計全てを一人で作り上げるクドケ氏ならではの

繊細なこだわりを感じることができます。

文字盤は9時位置にスモールセコンド、3時位置にブランド名が記されたプレートがある視認性に優れたデザイン。

一見フラットにみえる白い文字盤は、表面がキメ細かく擦りガラスのように加工されており、見る角度によって雪のように美しく輝きます。

 

最大の特徴は「インフィニティハンド」と名付けられたクドケのオリジナル針。

ハーフハンターケースの懐中時計に使用されていた針をクドケ氏の解釈により再構築したデザイン。削り出しから青焼きまで全て手作業で作り上げています。

また、外周とスモールセコンドを囲むチャプターリング(シルバーのリング)は角が綺麗に面取りされ、そして磨かれています。丁寧に仕上げられた肉厚のリングは文字盤に立体感を作り出し視認性を高めています。

私物でもっていたイギリス製の古い懐中時計のムーヴメントから着想を得たという

初の自社製ムーヴメント〈キャリバー1〉

真ん中にブリッジがある特徴的な配置。そのブリッジにはクドケ氏によるハンドエングレービングが施されています。

シースルーバックから覗くことのできるクドケ氏の彫金師としてのエングレービング技術はKODOKE1をお求め頂いた方のみご覧いただける密かな楽しみになります。

 

シェルマン伊勢丹新宿店では9/2()~9/15()まで〈KUDOKE フェア〉を開催いたします。全てハンドメイドにこだわったKUDOKEのコレクションをぜひ店頭でご覧ください。

 

KUDOKE(クドケ)

KUDOKE 1

手巻き、ステンレス、ケース径:39mm、防水性:3気圧防水

価格(税別):1,000,000

 

伊勢丹新宿店 細谷

シェルマンオフィシャルサイト

1971年にアンティークショップとして創業したシェルマンは、パテック・フィリップをはじめとしたアンティークウォッチの名品の数々や美術工芸品ともいえるアンティークジュエリーを中心に展開してまいりました。
そして現在は、大手メゾンに属さず時計づくりに励む独立時計師のユニークな作品、独自の信念やこだわりを持って製作される現行ブランドの時計、複雑機構を搭載したクォーツ式のオリジナルウォッチの開発・製作など、アンティークの枠を越え、時代や流行を越えて受け継がれる名品をコンセプトに、幅広いジャンルの作品を取り扱っています