FREDERIQUE CONSTANT(フレデリック・コンスタント)

FC-715S4H6

スイスのメーカー<フレデリック・コンスタント>のマニュファクチュール ムーンフェイズ モデルのご紹介です。

1988年スイスで創業した同ブランドは「手に届くラグジュアリー」をコンセプトに、高品質な時計を手に届く価格で提供することを使命としてきました。そのコンセプトの実現のため、早くから自社製ムーブメントの開発=マニュファクチュール化に取り組んできました。今回ご紹介するモデルも、マニュファクチュールモデルの1本です。

バーインデックスにドーフィン針の組み合わせは、シンプルながらも力強さを感じさせる文字盤となっています。さらに6時位置にはムーンフェイズと、針で日付を示すポインターデイトが備わっており、クラシックさを際立たせています。

別の角度から。視認性を高めるため先端がわずかに曲げられた長針と秒針がお分かりいただけますでしょうか。この辺りのディテールも、クラシックさを感じさせる要素といえます。

 

この時計のもう1つの見どころ、裏蓋が開閉する仕様になっており、開けると蓋やムーブメントに施された細かい装飾を楽しむことができます。腕時計でこのようなスタイルは「オフィサー」と呼ばれますが、その呼称は懐中時計から腕時計の普及の歴史に関係があります。

かつて懐中時計を身に付けていた上流階級の人々が馬に乗り狩猟に出かけた際、懐中時計を落として壊れるのを防ぐために蓋を付けるようになったことから、そのようなデザインはハンターケースと呼ばれました。そこから第一次大戦の頃になると、戦場で将校(オフィサー)が時間を見る際、ハンターケースタイプの懐中時計に足(ラグ)を付け腕に巻きつけたことが腕時計の普及した一因と言われています。この懐中時計の仕様を色濃く残した腕時計が「オフィサー」と呼ばれる所以です。

文字盤のみならず、裏側にも時計の歴史を感じさせる一品です。

 

FREDERIQUE CONSTANT(フレデリック・コンスタント)

クラシック ムーンフェイズ マニュファクチュール

Ref.FC-715S4H6

自動巻き、SS、ケース径:40.5mm3気圧防水

価格(税別):429,000

銀座三越店 中崎

シェルマンオフィシャルサイト

1971年にアンティークショップとして創業したシェルマンは、パテック・フィリップをはじめとしたアンティークウォッチの名品の数々や美術工芸品ともいえるアンティークジュエリーを中心に展開してまいりました。
そして現在は、大手メゾンに属さず時計づくりに励む独立時計師のユニークな作品、独自の信念やこだわりを持って製作される現行ブランドの時計、複雑機構を搭載したクォーツ式のオリジナルウォッチの開発・製作など、アンティークの枠を越え、時代や流行を越えて受け継がれる名品をコンセプトに、幅広いジャンルの作品を取り扱っています