MORITZ GROSSMANN(モリッツ・グロスマン)

ATUM37(アトゥム37)

「優雅」「すっきりして上品なこと」を意味するエレガントはモリッツ・グロスマンの時計を表現するのに相応しい言葉です。

 今回ご紹介するアトゥム37は現在のトレンドより小さいケース径37mmです。時計のサイズが気になる細見の方や、クラシックなサイズがお好きの方にもオススメです。

正面から時計を見ると文字盤が大きな割合を占めていることに気づかされます。これはベゼルの幅を細くすることで、すっきりとした印象を与えるために考え抜かれた作りです。

インデックスはクラシックな時計のイメージに合わせローマ数字となっています。少し丸みを持った独特なフォントはこのモデルのためにデザインされ、色も針のブラウンバイオレットに揃えることでデザインに統一感を持たせています。

時計のサイズが小さくなると針も小ぶりになりますが、その存在感は健在です。

針の中心線を頂点とした立体的な盛り上がり、光が美しく反射する徹底的に磨かれた面、ムラのない焼き戻しによるブラウンバイオレットの色味、どれも非常に質の高い仕上がりとなっています。

さらに、ハカマ(針の中心部分にあるシルバー色のパーツ)は複数の面で構成されていて、どの面も美しいポリッシュ仕上げとなっています。ここまでディテールにこだわったものはなかなかお目にかかれません。

ケースバックに向かって広がっていくフォルムにより、腕にのせた着用感は37mmよりさらに小ぶりに見えます。実際、文字盤側のケースの直径は35mmほどです。この台形型のケースは重心が低くおさえられ、安定した着け心地となっています。

モリッツ・グロスマンの時計全体に共通していることですが、ディテールのこだわりが強く、どれも高いクオリティーを誇っています。この記事ではご紹介できませんでしたが、ムーブメントも同様です。構造、パーツ、仕上げ、どれをとっても強いこだわりと哲学を感じることができます。ぜひ、店頭でルーペを使ってご覧ください。

 

MORITZ GROSSMANN

ATUM37

手巻き、K18WG、ケース径:37mm、3気圧防水

パワーリザーブ:48時間

価格(税込):3,520,000円

 

日本橋三越店

小林啓太

シェルマンオフィシャルサイト

1971年にアンティークショップとして創業したシェルマンは、パテック・フィリップをはじめとしたアンティークウォッチの名品の数々や美術工芸品ともいえるアンティークジュエリーを中心に展開してまいりました。
そして現在は、大手メゾンに属さず時計づくりに励む独立時計師のユニークな作品、独自の信念やこだわりを持って製作される現行ブランドの時計、複雑機構を搭載したクォーツ式のオリジナルウォッチの開発・製作など、アンティークの枠を越え、時代や流行を越えて受け継がれる名品をコンセプトに、幅広いジャンルの作品を取り扱っています