PARMIGIANI FLEURIER(パルミジャーニフルリエ)

トリック クロノメーター

『神の手を持つ』と言われた時計師ミッシェル・パルミジャーニ氏が自身の名を冠して設立した独立系ウォッチメーカー パルミジャーニフルリエ。今回は創業当時からのアイコンの1つでもあるトリックのご紹介です。

1996年、パルミジャーニ氏がブランドを立ち上げた時に設計した最初の時計がこのトリックでした。氏の時計への知見の深さ、そして技術力の高さは専門家の間で話題となりトリックは同社のアイコンへと成長します。そして20年以上たった2010年代後半に「原点回帰」のコンセプトの元、オリジナルのトリックをパルミジャーニ氏自身が再解釈して作り上げたのがこのトリック クロノメーターです。

トリックの特徴としてあげられるのがこのケース形状です。ギリシャ/パルテノン神殿の円柱をモチーフとした、ベゼルに施されたローレット加工は初作のトリックから継承しており、均一にみえるこの加工はすべて一人の職人による手作業によって行われています。厚みもわずか9.5センチで腕にフィットするような装着感を得られます。

自然界に存在する黄金比からインスピレーションを受けたと言う文字盤のギョーシェ彫りもこのモデルの特徴の一つ。シンプルな文字盤は、ともすると間延びしたような印象を受ける事もありますが、このギョーシェ彫りが放つ独特の質感とスレートグレーの文字盤カラーによりバランスの取れた美しい文字盤に仕上がっています。

C.O.S.Cを取得したムーブメントは55時間のパワーリザーブを備えたキャリバーPF441。22Kのゴールドローターには麦の穂をモチーフとした独自の彫りが施されています。

そしてストラップは「エルメス製」を使用。選別された高品質の革のみを揃えるエルメスが時計のストラップとして使用されているのはこのパルミジャーニのみです。

 

「トリックのケースデッサンを描いたとき、私は時代を超えた美意識により、これが永遠のモデルになる事を願いました」というパルミジャーニ氏の願い通り、クラシカルかつ品がある佇まいのトリックは実際に腕に乗せたときにさらにその良さを感じられる数少ない時計の1つです。

ぜひ、店頭でお試しください。

 

 

PARMIGIANI FLEURIER(パルミジャーニフルリエ)

トリック クロノメーター

自動巻き、18Kローズゴールド、ケース径:40.8㎜、防水性:3気圧防水

価格(税別):2,400,000

 

伊勢丹新宿店 細谷

シェルマンオフィシャルサイト

1971年にアンティークショップとして創業したシェルマンは、パテック・フィリップをはじめとしたアンティークウォッチの名品の数々や美術工芸品ともいえるアンティークジュエリーを中心に展開してまいりました。
そして現在は、大手メゾンに属さず時計づくりに励む独立時計師のユニークな作品、独自の信念やこだわりを持って製作される現行ブランドの時計、複雑機構を搭載したクォーツ式のオリジナルウォッチの開発・製作など、アンティークの枠を越え、時代や流行を越えて受け継がれる名品をコンセプトに、幅広いジャンルの作品を取り扱っています