Habring2(ハブリング2)

Felix-Chrono(フェリックス クロノ)

某有名ブランドで技術顧問を務めていたオーストラリア人独立時計師リチャード・ハブリング氏と妻のマリア・クリスティナ氏によって2004年に創業した<ハブリング2>。シンプルなデザインに秒針が1秒ごとにジャンプする「ジャンピング・セコンド」機構などに代表される特殊機構を搭載したモデルが世界的に高く評価されています。今回ご紹介する時計は、自社ムーブメントを搭載し、クロノグラフのスタート・ストップ・リセットを1つのボタンで操作できるモノプッシュクロノグラフ「フェリックス・クロノ」です。

機械式クロノグラフというとスポーティなデザインで大きめのサイズを連想しますが、今回ご紹介のモデルは、38.5mmの小ぶりなサイズに3時位置に30分積算計、9時位置に秒針がデザインされたシンプルなデザインに仕上がっています。

シルバーの文字盤に青焼きの針の組み合わせがシックな印象な分、12の赤色がアクセントとして効いています。先端がわずかに曲げられたクロノグラフ針と長針は、視認性を高めるために高級時計に見られる仕様です。クロノグラフでありながらプッシャーが1つ、針も細く文字盤もシンプルといった細かなディテールが、ドレスウォッチのような佇まいを見せてくれます。

機械式クロノグラフでありながらケースの厚みを10.5mmに抑えた秘密は、シンプルで壊れにくく、また修理しやすい構造が大切と考えているリチャード氏が設計した自社ムーブメントにあります。モノプッシャークロノグラフという古典的な時計作りをしながらも、現代的な製造方法を取り入れて仕上げるところに、あくまでも実用時計として製作をする彼の哲学を感じ取れます。

年間生産本数は約200本と稀少な<ハブリング2>。ぜひ店頭でご覧くださいませ。

 

Habring2(ハブリング2

銀座三越店 中崎

シェルマンオフィシャルサイト

1971年にアンティークショップとして創業したシェルマンは、パテック・フィリップをはじめとしたアンティークウォッチの名品の数々や美術工芸品ともいえるアンティークジュエリーを中心に展開してまいりました。
そして現在は、大手メゾンに属さず時計づくりに励む独立時計師のユニークな作品、独自の信念やこだわりを持って製作される現行ブランドの時計、複雑機構を搭載したクォーツ式のオリジナルウォッチの開発・製作など、アンティークの枠を越え、時代や流行を越えて受け継がれる名品をコンセプトに、幅広いジャンルの作品を取り扱っています